大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS Wii U 攻略ランド

ニンテンドー3DS&WiiU用大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS Wii Uの完全攻略サイトです。
バトルテクニック:攻撃編。

スポンサーリンク

【バトルテクニック:攻撃編】


攻撃編
【撃墜数に入る為の条件】
スマブラでは相手を撃墜(相手を画面外に吹き飛ばす)することが主な目的です。
「最後に攻撃を当てたキャラクター」が撃墜数にカウントされます。
最後に攻撃を当てた相手が、爆発アイテムや自滅した時でも、自分の撃墜数に入ります。
例えば、マリオがカービィに攻撃を当てます。
カービィはそのまま他の誰からもダメージを受けずに、操作ミスで場外に落ちたとします。
この場合は、マリオの撃墜扱いになり、マリオの撃墜数が1つ増えます。

【ワンタッチ】
撃墜の応用技としてワンタッチが存在します。
撃墜前に最後にふれていたキャラクターが、撃墜数にカウントされるようになります。
AのプレイヤーがBのプレイヤーをスマッシュ攻撃で吹っ飛ばしたとします。
ブラスター等の飛び道具でCのプレイヤーがBのプレイヤーにワンタッチ攻撃すれば、Bの撃墜数はCにカウントされるようになります。
チャンスがあれば狙っていきましょう。

【スマッシュボール】
スマッシュボールを割ると、割ったキャラクターが最後の切りふだを使えるようになります。
スマッシュボールが出現したら、基本はライバルとの取り合いになります。
ただし、スマッシュボールは数回攻撃しないと割れません。
一番最初にスマッシュボールを狙わずに、おこぼれを狙う感じで後から攻撃しにいくのもありです。

スタンバイ状態になったキャラクターは、通常必殺ワザで最後の切りふだが使用できます。
もちろん敵に必ず当たるわけではないので、使用する場面が鍵を握ります。
スタンバイ状態にあるキャラクターは、殴られるとスマッシュボールをポロリと落としてしまうことがあるので、使うのをためらってると、せっかくのスマッシュボールを敵に取られてしまう危険もあります。
取られるくらいなら敵に当たらなくても、自分で使用したいとこです。
“最後の切りふだ”をバトルで使いたくない場合、アイテムの出現を制御できる“アイテムスイッチ”でスマッシュボールをOFFにすればOKです。
実力のみで勝負したい場合は、スマッシュボールをOFFにして楽しみましょう。

【必殺技】
スマッシュ攻撃とは別の強力な必殺技です。
各キャラクターに4種類必殺技が用意されています。
また、今作からは必殺技の派生技も使えるようになりました。
例えばマリオの場合、「ファイアボール」が通常で、派生技に「高速ファイアボール」と「巨大ファイアボール」が派生技として存在します。

各ファイターは4つの必殺技を持っていて、それぞれに派生技が3つ存在し、合計で12種類もの技が使えるようになりました。
@方向をいれずに必殺技「通常必殺技」
A横に入れながら必殺技「横必殺技」
B上に入れながら必殺技「上必殺技」
C下に入れながら必殺技「下必殺技」

ただし使える必殺技は4つまでです。
派生技を使えるには、カスタマイズで派生技を登録する必要があります。

■通常必殺技
弾を発射したりと基本的な必殺技。
とても使いやすい。
■横必殺技
主に横方向の相手を攻撃するための必殺技。ふっとび性能が高いものが多いのも特徴。
■上必殺技
高いジャンプで復帰に使える必殺技。
相手に飛ばされそうな時はこの必殺技で、復帰しよう!
■下必殺技
敵の攻撃を反射するなど特殊な必殺技。
下方向への攻撃もこの技です。
うまく使えば強力な武器に!

【相殺】
攻撃同士がぶつかると相殺が起きることがあります。
条件は、お互いの技同士がぶつかり、なおかつダメージ量の差が10以下だった場合に発生します。
条件を満たせば直接攻撃、飛び道具関係なく相殺が発生します。
相殺効果で、お互いの攻撃が消滅します。
ただし、一部の攻撃は相殺が無効のものもあります。

【ワンパターン相殺】
スマブラでは同じ技を繰り返すと、徐々にその技の攻撃力やふっとびやすさが下がっていく。
他の技を使うと威力が回復します。
同じ技ばかり使うよりも、いくつか技を使い分けたい。
同じ技ばかり使うとライバル(他プレイヤー)にも攻撃を読まれやすくなります。

【ダッシュ掴み】
ダッシュしながら投げボタンを押せば、ダッシュ掴みが使用できます。
通常の掴みは相手の近くでやらないといけませんが、このテクニックはダッシュの勢いのまま掴めるので、相手はよけにくくなってます。
ダッシュ攻撃を警戒してガードした相手を掴むのが理想的。

【スマッシュ投げ】
アイテムに勢いをつけて投げる事をスマッシュ投げと言います。
通常のアイテム投げは、上下左右方向を押しながら、投げボタンを押すだけです。
そして威力が増すスマッシュ投げのやり方は、スティックをはじきながら投げを行います。
スマッシュ投げは基本の技ですので、マスターしましょう。
ただ、あえてスマッシュ投げの他にも、通常投げを使えば、相手へのフェイントになる場合があります。

【上下打ち分け】
横方向への攻撃を出した直後に、スライドパッドを上か下に倒す事で攻撃方向を変えることができる。
例えば通常はミドルキックですが、打ち分けるとハイキックになったりローキックになったりする。
横・攻撃、横・スマッシュ攻撃どちらも攻撃方向を変えれます。
技によって上下打ち分けができないこともあるので、トレーニングで要確認です。

【地形対応技】
クッパブレスやリザードンのかえんほうしゃなど、一部の技は地形対応してます。
地形対応とは、上下に打ち分けなくても地形に沿って自動で技の方向が変化することです。
打撃系の一部の技も地形対応してます。
飛び道具(ビーム)などは地形対応してません。

【当て投げ】
攻撃スピードの速く、弱い攻撃などをした直後に投げを繰り出すテクニック。
たとえばフォックスの場合は、弱攻撃を一度だけ押して、その直後投げボタンを押す。
相手は弱攻撃が来たから、その後も連携攻撃が来ると予想して、ガードする事が多いので、投げをそこで出せば相手を高確率で投げれる。
キャラによっては弱攻撃の攻撃モーションが長い場合があるので、キャラによっては使いにくいテクニックです。

【メテオスマッシュ】
空中にいる相手を下に叩きつける強烈な攻撃です。
空中で下+攻撃ボタンを押せば使用可能です。

【振り向きつかみ】
ダッシュ中に、ダッシュしている方向とは反対方向。
後ろ方向と同時に掴みをすれば、「振り向きつかみ」ができます。
通常のつかみとは違い、いつもよりある程度離れたところでもつかめるのが特徴です。
自分が相手から逃げて相手が走って追いかけてきたりした時は、ふりむきつかみで投げてしまいましょう。

【道連れ】
クッパの横必殺技のダイビングプレスや、デデデ大王のすいこみなど一部の技は道連れが可能。
掴んだ状態や口に入れた状態でそのまま場外下まで落ちると、相手を道ずれにできます。
道ずれされるほうはレバガチャや、崖の反対方向にスティックを倒したりで回避も可能。
蓄積ダメージが多い程に脱出や、回避が困難になるので道ずれしやすい。
無論何度もやると相手に嫌われたり、嫌がれることもあるので多様は禁物。
ストック制で相手の残機が1なら狙ってみるのも良い。

スポンサーリンク

トップページに戻る